シェードガーデン戦記

小さな北向き粘土質の庭で、ガーデニング素人が悪戦苦闘するブログ

庭映画レビュー 『マイビューティフルガーデン』

庭がテーマの映画は世の中にいくつあるのだろうか。庭が象徴的な場所として登場するものは多そうだが、庭づくりそのものを扱った作品はあまり多くない、ように思える。詳しく調べてはいないけれど。

最近iTunesで発見して、この映画が気になったのでレンタルしてみた。

植物が苦手な女性が庭付きアパートメントを借りて見事に庭を荒れさせてしまい、管理者から1ヶ月で庭を元に戻さなければ退去しろと迫られる。窮地に陥った彼女は、隣に住む偏屈なガーデニングの達人に渋々助けを求め、庭づくりに奮闘する、という話。

あらすじを読む限り、荒れた庭が美しく蘇っていく様が見られるのかと期待するじゃないですか!

SHERLOCK のモリアーティの人も出演しているし、面白そうだと思って。

 

結論から言うと、庭はさほど映らない。そもそも原題は「This Beautiful Fantastic=この美しき風変わり」で、主人公始めとしたクセのある登場人物たちがメインテーマ、庭はあくまでおまけなので、ガーデニング目当てで見た自分にはやや期待はずれだった。

面白いのか?という点は観る人によるけれど……予定調和で優しいおとぎ話を求めているなら、たぶん楽しめる。例えるならば、NHK朝の連続ドラマのスタッフがリメイクした「アメリ」。

整合性のとれた設定や緻密なストーリー設計が好きならばお勧めできない。良くあるエピソードの寄せ集めになっているし、不自然な展開や矛盾が多い。登場人物と設定はもう少し整理&深掘りできたと思う。

 

とは言え、隣人が丹念に手入れしてきた庭を案内してくれるシーンはとても綺麗だった。

この隣人が主人公にガーデニングの楽しみを教えようと、アンティークの本を渡す場面がある。緑色の装丁の美しい表紙が映り、Arthur Mildmay著、On Discovering a Gardenと書かれているのが見えた。ぜひ読んでみたくなったので検索したが、残念ながら実在しない本らしい。

……いや、無いんかい!ガーデニングの名著はいくらでもあるのだから、それを使えば良かったのでは。映画映えする装丁が必要なのは分かるが、本そのものも架空で済ませてしまうのは勿体ない。実在する本ならば、読んだ事のある観客は送り手の気持ちを思い、未読の観客は新しい本との出会いを得て映画の印象がより深まるシーンになり得る。

個人的にはここが一番がっかりした点だった。

 

庭映画、これから発掘していきたい。次に観たいのはこの3つ。

 

 

8月の庭

連日の35度越えがさすがに辛かったらしく、ここまで粘ったデルフィニウムルピナスがついに枯れた。もう少し涼しくなったら、跡地には種から苗を作ったアキレギアとガウラを植える予定。

ジキタリスはまだピンピンしている。初夏に蒔いた向日葵が育って影になったのが良かったのかもしれない。

絶好調なのはレースラベンダー、ローズマリーラムズイヤーの3種。切り戻しても2週間ほどで元に戻るのでキリがない。

トルコキキョウ、チェリーセージクレオメも順調に花が咲いていている。何故かアジュガもこのタイミングで咲き始め、4月まで更地だったとは思えない賑わいになってきた。

庭は密度が高いほうが綺麗に見えることがわかった。向日葵の大きな葉が貢献しているところが大きいので、秋からどうやってボリュームを出すか悩ましい。下準備としてコスモスイエローキャンパスの種を蒔いていたが、酷暑でやや元気がない。

上背があって倒れず、花が咲く向日葵は意外に優秀で使える。今回はサンゴールドとモネの向日葵を育てていて色の違いが楽しみ。今のところサンゴールドが大きく、モネはやや小さめ。

 

生き残り状況

4月に植えた植物、7月に入った段階でのコンディション覚え書き。

冬の日当たりから考えて、春以降も日陰の庭を想定していたら、午後から日当たりガンガンという最悪の環境に変化した。そのわりには案外奮闘しているのでは、と思う。お試しで日なた向きの植物をたくさん導入してたのが功を奏した。

 

■チャレンジ組(日なた用が育つか実験台)

ルピナス→◎巨大化した。25度で成長が止まるはずだがまだまだ元気で、3度目の蕾をつけている
クラスペディア グロボーサ→◎蕾が10近くついた。やや倒れ気味
グラジオラス→◎全て芽を出し、花も咲いた。花期は短いが華やかなので来年も植えたい
デルフィニウム→○普通に咲いた。6月中旬に暑さで地上部が枯れて無くなったあと、なぜかこの10日ほどで再び発芽。貧弱だが2回目の蕾が出て来た
ローズマリー→○4月は病気がちだったが、梅雨以降は好調
ラベンダー→◎花数は多くないが株は充実してきた
カモミール→×全くだめ。少しも伸びないと思っていたら、6月下旬から急に徒長。倒れそうな姿勢で弱々しい花をいくつか咲かせて力尽きてしまった。なんでだろう。

 

■頑丈組(きっとどこでも生き延びる)

オオデマリ→○5月ごろまでは良かったが、西日のせいか葉が焼け気味。思ったより成長しない
エキナセア→○花は咲いたがどれも小さい。来年に期待
オルレア→◎すごい。強い。なんだこれ。枯れ際はあまり綺麗ではないが種もたくさんとれた
スカビオサ→○花は咲くものの、地上5cmより伸びようとしない。液肥も日光も効果なし。謎
タイム→様子見。発芽してはヨトウムシに食われるを繰り返していたが、スミチオンを撒いてからは調子良さそう

 

■日陰組(確実に大丈夫)

ヒューケラ→△株は大きくなったが葉焼けが酷い。おそらく西日直撃のせい。可哀想だから植え替えるべきか。
キャラウェイ→○購入直後のヒョロヒョロからだいぶ大きくなった
アジュガ→◎3倍以上に広がった。花が咲く気配がないまま春が終わったのが残念
ラムズイヤー→◎こちらもかなり巨大化しているが、花穂の気配はない。時間がかかるらしいので来年かな。
ヘレボラス→○ポーカーフェイス。植えた時から良くも悪くもなっていない。まだ出番じゃありませんので、とでも言わんばかり。まあそうだよね。
アスチルベ→様子見。植え付け時に固まりすぎてた根を解さなかったためか、すぐチリチリになって半分以下に切り戻した。植え直し後、新芽が出て来ている
ホスタ→○やや日光が強すぎる様子。とはいえ順調に葉っぱを展開中
ジキタリス→○5月ごろにばっと咲いてあっという間に散ってしまった。そろそろ枯れるかと思いきや、なぜか株は成長を続けている。夏越しなるか?

 

▪️おまけ

ムスカリ→休眠中
アボカド→○枯れたと思いきや新芽が出て来た
葡萄→○毎年枯れかけていたが、今年は順調

 

乾燥気味を好むものが調子良さそうなところを見ると、水やりはもう少し多い方が良かったのかもしれない。

日陰組もわりと頑張っている。西日に参ってるのはオオデマリとヒューケラ、あとはだいたい順調。オオデマリを大きく育ててシンボルツリーにしたいのだが、どうしようか。

というかブログの名前変えた方がいい。もはやシェードガーデンじゃなくて西日ガーデン。

 

最近はルピナスとジキタリスの動向を見守りつつ、だめになったら何を植えるか考え中。

 

プロローグ6 芝生の世界を垣間見る

埋まらなかったスペースはそのままにすると土ぼこりがひどいので、芝生を敷くことにした。

理想の庭はホビット庄なので、緑の絨毯にちょっと憧れなくもない。

 

しかし世の中いわく、芝生は素人が手を出すものじゃないと。

  • 週一ペースで芝刈りしないと庭が荒れ果てる
  • 芝生に合わせて土をつくらないとあっという間に枯れる
  • 土地を平らにならさないと凸凹して成長にムラが出たり刈りすぎて枯らしたりする
  • 定期的に肥料やる
  • 芝刈りしたらサッチングする
  • 定期的に目土まく
  • エアレーション

 

うわっめんどくさそう。専門用語多い。なんでも芝生を丁寧に管理し青々と保つことを趣味とする人々は芝奴隷と呼ばれるらしい。

一瞬ヒいたが、「芝生 手入れ 楽」で検索したらTM9という成長の遅い芝生を見つけた。普通の芝より値段は高いが、伸びづらい=芝刈りは少なくて良い。丈夫で柔らかく色も濃い。

そしてもう1つ背中を押したのが、どこかのブログで見た「芝生なんて草なんだから水やって日が当たれば勝手に育つ」という言葉。ですよね!!!最悪だめなら諦める。

というわけで5月の半ばにTM9を購入し、庭をレーキで平らにならし(これがいちばん重労働だった)、ハサミで形を合わせながらベタ張りし、目土と水をまいた。

それから1ヶ月は毎日水をやり、根が出てきたあたりで梅雨に入ったので自然に任せた。7月頭の今、継ぎ目もわからなくなり良い感じに茂っている。今のところ、ズボラな素人でも充分いけそうな感触。

プロローグ5 西日問題

3月ごろまで強い日差しが当たらなかった庭、5月に入って衝撃の事実が発覚した。

西日すごいわ。

季節によってこんなに太陽の角度が違うのかと驚くほど、庭の半分には午後から日が入るようになった。ガーデニングの大敵らしい西日、夏には当然もっと強くなるだろう。

日陰で元粘土質で西日、悪条件もここまで揃うと清々しい。詳しい人ならそもそもガーデニングなんてやらない場所かもしれない。

全く日が当たらないのとどちらが良いかはわからないが、無謀なりにも1年様子見で頑張ろうと思っている。ぺんぺん草も生き残らないくらい酷かったら、パラソルでも置くかな……

プロローグ4 植えてみる

土がなんとか整った時点で4月。とりあえず暑くなる前に何か植えなければ!と苗を買った。

 

■チャレンジ組(日なた用なのはわかってるけど、耐えられるか実験用)

 

■頑丈組(きっとどこでも生き延びる)

 

■日陰組(確実に大丈夫)

 

つい好奇心で、いろいろな種類を一つづつ揃えてしまうけれど、本当は同じものがたくさんあったほうがまとまりが良さそう。

やや日なた向けが多いが、これで生き延びれば儲けもの。

 

ちなみに元々の家からプランターで連れてきたのは、

の3つ。まだプランターのままにしている。ムスカリは葉ばかり伸ばして花が咲かず、アボカドは全て葉を落としてから4月に脇芽を出し始めた。葡萄のみ、なぜか例年より好調。南向きのベランダは暑すぎたのだろうか……

 

狭いと思っていた庭だけれど3分の1を埋めるのがやっとで、これ以上は植えても面倒が見きれないと考えたので、残りは芝生を敷くことにした。

本当は煉瓦の道とか雑木とか、いろいろやりたいけど、まあ、2-3年後あたりにアイデアがまとまったら、そのときに芝生を剥がしてなんとかするってことで。

プロローグ3 土をつくる

とにかく土がひどかった。

バリバリにひび割れた地面にはなかなかシャベルが刺さらず、少し掘ったかと思うと拳くらいの石、錆びた釘、ガラス、麻縄、陶器の破片等々、ゴミでしょ……というものがゴロゴロ出てくる。灰色とレンガ色をした粘土の層が分厚く、靴底にみちみちに詰まる。

心を無にして修行僧のごとく、石とゴミを拾った。陶器片が出るたび「出土〜」などと呟きつつ、ひたすら掘ってた。

ゴミを取り除いたら、カチカチの粘土質をどうにかするべく土壌改良材を混ぜる。とりあえず培養土、ピートモス赤玉土、石灰を混ぜ込んで数週間寝かしてみたところ、中性にはなったが依然粘土のまま。踏むと一瞬で硬くなり、土壌改良材が粘土に取り込まれている……と戦慄する。

手に負えなさそうな粘土の塊は取り除き、繊維質を足すため完熟腐葉土ともみ殻くん炭を混ぜ込んでまた数週間寝かせてやっと、常識的な庭っぽい、シャベルからパラパラとこぼれる、靴底にくっつかない土を手に入れた。

文字にしてしまえばほんの数段落でも、ひ弱な文化系夫婦にとっては2人がかりで数ヶ月分の週末を犠牲にした大仕事だった。大体は土日のどちらかに作業し、翌日は全身筋肉痛で呻いていた。これを仕事にしてる農家の人はすごい。

同じように土質の悪い庭を改造したい人がいたとしたら、土作りマニア以外は、多少お金がかかっても業者に土の入れ替えを頼んだほうが良いと思う。